明太子とたらこ

明太子とたらこというのは、味は違いますが、もともとはスケソウダラの卵です。地域によって、いろいろと呼び方が変わるので混乱してしまうことがありますが、辛子などの調味料に漬け込んだのが「明太子」、塩漬けだけしたのが「たらこ」と呼ばれるのが一般的です。「たらこ」はタラの子供と言う意味で分かりやすいのですが、明太子の「明太」は韓国の言葉が語源となっています。

韓国では、スケソウダラのことを「明太(ミョンテ)」と呼んでいます。辛子明太子は、スケソウダラの卵巣を漬け込んだ韓国料理の「明卵漬」というのが元になっているので、「明太」の子供を加工した食品、明太子と呼ばれるようになりました。たまに、たらこはタラの子、明太子は明太という魚の子だと勘違いしてしまう人もいるようですね。

また、ちょっと紛らわしいのが、「明太子」と「辛子明太子」です。なんとなく、明太子なら辛くないんじゃないかというイメージを持ってしまいますが、明太子は辛子明太子の略称であり同じものです。地域やお店によって「辛子」という表記がついているかいないかというだけなので、辛いのが苦手な方は注意してください。

また、辛子明太子のルーツは韓国だと言われていますが、韓国料理の「辛子明太」はタラを唐辛子などで味付けをしたものです。もし注文すると、日本の辛子明太子とはまったく違うものが出てきます。このように、明太子には形状が同じでも違う味の物、名前が似ていても形状が違うものなどがあります。

 
Copyright (C) 美味しいカニの通販【激安かに・訳あり蟹など】. All rights reserved