明太子作りに欠かせない物は?

明太子の特徴と言えば、なんと言ってもその辛さですよね。辛さの度合いというのは製造しているメーカーごとに違っていますが、基本的にどんな明太子でも、辛さをつけるのには唐辛子を使っています。唐辛子の原産地は中南米ですが、日本人が馴染み深いのは、やはり中国料理や韓国料理で使われている唐辛子ですよね。

中南米の唐辛子というのは、どちらかというと辛味しかないものが多いのですが、アジア系料理では、旨みを出すために辛味や甘味がある唐辛子をミックスして使うことが多いです。日本だけでも、50種類以上の唐辛子が栽培されていますが、世界の唐辛子の種類になると500種類以上にもなるそうです。この唐辛子が、明太子作りには欠かせません。

もちろん、他の調味料もたくさんブレンドしていますが、味の決め手となる辛さは唐辛子で調節しています。どんな製造元でも、辛味だけではなく魚卵との相性を研究して、数種類の唐辛子を使うのが普通です。最近では、辛いものブームなので、同じ製造元でも辛さに段階をつけて、普通の辛さから激辛まで販売しているところもありますね。また、唐辛子がどうしても苦手だと言う人でも食べやすいと言われている、平塚明太子などもあるので、試しに食べてみるのもお勧めです。

美味しい明太子作りに欠かせない物は、新鮮で良い卵ももちろん必要なのですが、メーカーごとに開発したタレと唐辛子もとても重要です。この3つのバランスがすべて整ってこそ、最高に美味しい明太子が出来上がるのですね。

 
Copyright (C) 美味しいカニの通販【激安かに・訳あり蟹など】. All rights reserved