明太子の成分

もともと、どんな生き物の卵でも栄養分は高いもので、明太子に使われているスケトウダラの卵にもいろんな栄養分が入っています。卵というと気になるのがコレステロールですが、コレステロールは摂り過ぎない限り、体に必要な成分です。魚類に多く含まれているDHAやEPAは、もちろん明太子にも含まれていて、悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やしてくれます。

また、お肉などの主菜からはあまり摂ることが出来ない、ビタミンB1、B2、ビタミンEなどが豊富に含まれているので、副菜として食べる食材としてはぴったりです。ビタミンEというのは、抗酸化作用に優れていて、摂れば摂るほどアンチエイジング効果がある、女性にとってはすごく理想的な成分です。その他のビタミン類も健康に欠かせないもので、首や肩のこり、目の疲れなどの緩和にとても効果があります。

もうひとつ注目したいのは、明太子はたらこと違って唐辛子で漬け込んでいるので、カプサイシンも含まれています。カプサイシンは、脂肪燃焼効果があることで有名な成分ですが、さらに乳酸菌を発酵させるという効果もあるのです。ですから、意外ですが、明太子には乳製品よりもたくさんの乳酸菌が含まれているので、腸にもとても良い食材なんです。

明太子の栄養成分というのは、あまり気にしない方が多いと思います。塩分も高いですし、魚卵なので確かに食べ過ぎるのはよくありませんが、毎日、他の食材に合わせて適量を摂るのがお勧めです。

 
Copyright (C) 美味しいカニの通販【激安かに・訳あり蟹など】. All rights reserved